購入後によくあるご質問

使用方法について

  • できます。蒸し足りないと思われたら、一度蒸し終わった後にもち米をトレーに入れ替えて、ホッパーとハネを取って足りない分量だけ水を入れて、もう一度「むす」スイッチを押してください。
    (目安としては50mlで5分間です)

  • できます。ただし20分間機械を休ませてから使ってください。
    「蒸す→つく」の連続使用は何回でもできます。
    ※「つく」を連続で使用する場合は、「蒸す」から「つく」の連動になっているため、空の状態で「むす」スイッチを最初に押していただくことになります。
    2分少々でブザーが鳴りますので、そこから「つく」スイッチを押してください。

  • つき姫は、「蒸す」からスタートしていただく機械となっています。
    どうしても「つく」からスタートしたい場合は、空の状態で「むす」スイッチを押していただき、2分少々でブザーが鳴りますので、そこから「つく」スイッチを押してください。

  • つき姫の機械の正面に、「蒸す」、「つく」のスイッチがひらがなで書かれています。

  • 音で分かる様になっております。
    蒸す・つくが終わりましたら、「ピピッ」と何回も音がして、お知らせをします。

  • 状況にもよりますが、ホッパーが変形して使えなくなっている可能性があります。
    お手数ですが、みのるプレミアムまでお問い合わせください。

    お問い合わせ電話番号:(086)958-5210
    (平日:午前9時〜午後5時 ※土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)
    お問い合わせメールアドレス:minoru-premium@minoru-sangyo.co.jp

  • 餅をつく時に最初からフタを取るのではなく、最初の3分間はフタをしてついてください。
    もしくは、つく工程で10分たちましたら終了のブザーが鳴りますが、「つく」スイッチを押さなければ5分間は延長でつき続けるため、そこで柔らかさを調整してください。
    お好みの柔らかさになったところで、「つく」スイッチを押して電源を切ってください。

  • お餅をお湯に約10分浸した後、柔らかいスポンジで拭くと取れやすくなります。

  • 蒸しすぎてしまいますので、150mlの量でお願いします。
    ※150ml以上の水を入れると、水が機械内部に入り故障の原因になることがあります。

  • 回すことができます。ホッパーは大変熱くなっておりますので、手袋をしていただくなどして、十分気を付けて回してください。