プレミアムコンパクト もちつき機「つき姫」でいちご大福を美味しく、材料を揃えて簡単にいちご大福をつくることができます。「つき姫」ともち米でつくるいちご大福をぜひお試しください。

いちご大福の作り方

いちご大福

つき姫でつくるいちご大福
材料(4人前/9個分)

  • もち米  3合
  • いちご  1パック
  • こしあん
  • 砂糖   大さじ1
  1. もち米(3合)をボールに入れ水に浸し、そのまま6時間浸します。
  1. イチゴを水で洗い、へたを取ります。
  1. こしあんを適度の大きさに広げ、2のいちごをこしあんで包みます。
  1. 1で6時間程度水に浸したもち米を水切りします。水切り後、10分ほどザルに置いておきます。
  1. 「つき姫」に水を150ml入れ、ホッパーともちハネをセットし、4で水切りしたもち米を入れます。もち米を全て入れたらもち米を水平に慣らし、ふたをして「むす」ボタンを押します。
  1. 「つき姫」のブザーが鳴りましたら、「つき姫」の蓋をとります。
    ※熱いのでやけどにご注意ください。
    ここで砂糖(大さじ1)を入れ、「つき姫」の「つく」ボタンを押します。
  1. 「つき姫」のブザーが鳴り、つき終わりましたら、あらかじめ水を入れたボールにおもちを移します。
  1. おもちをボールの中で人肌ぐらいになるまで手で揉んで冷やします。おもちの外は冷たくても中は熱いのでよく揉んでください。
    ※この作業を行うことで翌日もおもちが柔らかく美味しくいただけます。
  1. おもちを餅つき機「つき姫」に戻し、「むす」ボタンを押します。しばらくするとブザー音がなりますので「つく」ボタンを押して、つき始めます。
  1. ブザーがなりましたら、つき姫を止め、のし板に移します。
    ※おもちがはねるようでしたら、7~8分ぐらいでつき姫のつく作業を止めてしてもらってもOKです。
  1. つき上がったおもちを適量とり、平らにして、その上にこしあんに包んだいちごをのせ、もちに包みます。
    ※写真はこしあんの中身がわかりやすいようにいちごが見えるようにしています。実際は、こしあんでいちご全部を包んでください。
  1. おもちでこしあん(いちご)を包んだらお皿にのせて完成です。

いちご大福の由来

いちごのほどよい酸味と餡(あん)の甘み、それを包む柔らかいおもち、絶品ですよね。
いちご大福の歴史は意外と浅く発祥時期は昭和後半だそうです。
いちご大福の中身は、白餡や粒あん、豆大福にいちごを入れた形など色々種類があります。最近では、生クリームが入ったものや、うぐいす餡、いちごの 代わりにフルーツをいれたものなど歴史が浅い割には、多種多様に広がっています。 そんないちご大福を手軽に簡単に作れて、美味しいおもちで包んで食べることができる「つき姫」はとても便利ですよ。みなさまもぜひお試しください。

プレミアムコンパクト餅つき機 「つき姫」はオフィシャルサイトおよび楽天から